『産休中、生活できない』自分の貯めたお金が毎月生活費として減っていくこと腹立たしく、葛藤と不安があります。





自分の貯めたお金が毎月生活費として減っていくこと腹立たしく、葛藤と不安があります。

現在、私は育児休暇中で、生後6ヶ月の赤ちゃんと夫婦の3人家族で暮らしています。

毎月、 生活費として旦那から5万を手渡しでもらっていて、そこから食費やオムツ、ミルク、家族での外出費、日用品や雑費に使っています。

毎月1~2万前後の不足があります。私が切り盛り不足なのかもしれませんが、家計簿を見直すと、冠婚葬祭の臨時出費や友人家族との交際費、子供服や家電修理などでした。

旦那の手取りは20万弱で、そこから家賃と光熱費、生活費、車のローンや保険代、夫自身のお小遣いを出しています。ほとんどギリギリの状態で、旦那の給料からの貯金は難しく、旦那に貯金はありません。

私の支払いについては、独身のときからの貯金を崩して、自分の携帯代、市民税や生命保険などを払っています。自分のお小遣いを月3000円以内と決め、美容室に行くのを3ヵ月に1回のペースにして、1万前後としています。

毎月、少しずつですが、家計の足しとして独身のときからの貯金が減ってきています。

旦那は、それが当然ではないけれど、仕方のないことだから許して欲しいと謝ってきますが、私は来年に仕事を復帰します。それまで貯金はできない状況なのです。

年末になって、年賀状の準備、お歳暮、お正月の準備などありますが、その費用は当然、私の貯金から出すことになります。

正直、旦那に自分の貯金が当てにされている気がしていて、無意識に腹が立ってしまいます。

「それなら、もっと自分のために使えばいいやん?」とか、「家計に足さなければいいやん!」とか思っても、今後を考えるとそんなことはできません。

旦那も頑張っているので、理解をして気持ちを切り替えるべきなのですが、旦那がタバコを吸ったり、家電の購入を容易く提案したりなどしてくるなど、その言動に腹が立ってしまいます。

私、心が狭いんですよね。

なんだか自分がどうしたいのかわからなくて、最近、お金のことばかりを考えてしまい、苛立っています。お金に執着してしまった小さい自分だと思うと、またなんだか悲しくなったりも。

5万で切り盛りができないは、ダメな主婦なんですかね?

貯金を家計に足すということは、仕方ないことなんですよね?

整理がつかない文章でごめんなさい。

回答1

我が家と似ていますね。

お金の管理は旦那がやっていて、旦那の給料は20万弱、私に渡されるお小遣いは5万5千円です。やっとここまで増やしてもらえました。

また、あなたと同じように毎月2~3万ほどのマイナスが出て、私の貯金が削られていく状況です。他の方も言われていましたが、貯金というのはいざという時のもので、私は今がその時だと思って解釈しています。

子供が成長して、私も働けるようになれば、またお金を貯めようとと思っています。

ただし、あてにされて余裕をみられると腹が立ちますから、旦那には貯金の残高などは秘密にしたほうがいいでしょう。

あと、旦那のために貯金が削られていくと思うよりも、子供のために貯金を使っているというふうに捉えてみてはいかがですか。

回答2

そのお気持ち、わかります。

我が家ももほぼ同じです。

自分の貯金から、携帯や生命保険を支払っています。

一応、ボーナスがあるので、年間で考えてみればプラスにはなりますが、月々で考えるとマイナスです。今後の昇給に期待するしかありません。

同じように旦那は、何から何まですぐに「買う?」と提案してくるのに腹が立ちます。

「買えるわけないでしょ!」って、わざわざ言うのも面倒くさくなってきました。

我が家は、乳幼児が2人、貯金をしたいので私ももうすぐ働く予定です。

さすがにもう、貯金を崩していくことはストレスなりますので。

食費や日用品、雑費、子ども費としては6万でやりくりしていますが、切り盛りするのが大変です。

お互い頑張りましょうね。

回答3

ダメだなんて思わないです。

むしろ、月に1~2万円分の赤字を補って頑張っていると思います。

貯金を切り崩す生活とのことで、そもそも産休・育休に入る前はどれくらいを家計に含めていましたか?

今、あなたが産休、育休中であれば、その額だけが不足してしまうというのは仕方ないと思います。

ただし、独身時代の貯金を切り崩しているということで、産休中の出産手当金については、すでに入金になっているはずですよね?

出産手当金は、給料の約2/3の収入となります。

あなたが貯金を取り崩してきたものは出産手当金で、ある程度は赤字分を補えているのでは?

また、育休中についても、給料の半額が2ヶ月に1回入金となります。

これを、自分の貯金などと考えなければ良いのではないですか?

旦那の給料だけで生活するのが苦しいのなら、あなたが会社を休んでいる間に入金になるこのような手当だったり、給付金も家計に入金することは、それほどおかしいことではないように感じますが。

私の場合、共働きで旦那と生活費は折半しています。

だから、産休や育休中も普段よりは金額を減らしてはいましたが、手当金や給付金の入金に合わせて、生活費を家計に含めてきました。

あなたの考え方次第、と感じています。

回答4

私の場合は、お金がなかったため、旦那と30年生活して離婚しました。

稼げない男はいい加減すぎるので、辞めておいたほうが身のためですよ。

お金がなければ何もできないですからね。

今、私は結婚相談所でいい人が見つかって、月20万を貯金できています。

貧乏にならないでください。探せば、お金持ちで優しい人が見つかりますから。

幸せになりましょうね。

回答5

子どもを産んだり、それに伴って産休するにあたり、そんなふうに生活計画を立てていなかったのでしょうか。

20万円で生活していける計画で今に至っているのであれば、その中でやりくりしていけるように生活を見直したほうがいいですね。

しかし、5万でそこまで算出するのは難しいです。

旦那様のお給料をすべてあなたが管理してみることは可能ですか?

あなたが旦那様に必要最低限のお小遣いを渡して、残りのお金で家計をやりくりしてみたらいかがですか。

家賃にもよりますが、月20万の収入であれば、旦那様のお小遣いを私が渡すなら、タバコ代込みの1万円ですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加