我が家には、50万しか貯金がありません。

我が家には、50万しか貯金がありません。私がだらしないからです。主人は26歳で年収400円、私は24歳で専業主婦をしています。子供は2歳と一歳です。普通の一般的なら家庭なら、数百万貯金があるのが普通だと思います。しかし、我が家はそうではありません。結婚したばかりの時は、主人は貯金は全くなし、私は90万ほどしかありませんでした。その貯金もアパートを借りたので消えてしまいました。出産したり、長期入院もしたのでボーナスを全く消えてしまいました。私はやりくりが下手なのだと思います。主人も似たようなもんです。今まで身の丈に合わない生活をしてきたのかもしれません。ここでどうのこうの言って仕方がないので、今から改めていこうと思いますが、第三者の方の考えもお聞きしたいと思いました。私の家計の内訳は、家賃が6万円、ネットが5500円、 NHK が2300円、学資保険が12000円、携帯が2万円、光熱費が35000円、親のための支払いが15000円、幼稚園代が15000円です。皆さんの厳しいご意見を頂きたいと思います。それを参考にして今後は改めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

回答1

携帯代が2万円というのはものすごく高いと思います。これはあと、最低5000円は落とせるのではないでしょうか。理想は7000円落としてください。携帯代の内訳をきちんと見てみましょう。削れるコンテンツがあるかもしれません。光熱費が35000円ってどうしたらそんなふうになるのでしょうか。一戸建てに住んでいてもそんなにまでならないと思います。全く節約していないんでしょうね。25000円は落とせる気がします。親のために払っている15000円はどうしても払わないといけないのでしょうか。自分の家計が赤字なのに、人を援助する余裕はないと思います。ご主人様のお小遣いも削っていいと思います。まずは、目標貯金額を設定して、その貯金額を上回るまではご主人様にも節約の協力をしてもらうといいと思います。一番いいのは給料をもらったら給料の1割をまずは貯金として引いておくのがいいと思います。そうすると、残りで生活費を使えばいいので確実に貯金が増えていきます。こんなふうに偉そうに言っている私も、実は20代までは全く貯金はしていませんでしたが、ちょっとしたきっかけで、貯金をし始めるとお金を貯めることがものすごく楽しくなって、今では物を買わないことに慣れてしまいました。スマホ代もとても安く抑えていますので、無駄はないと自負しています。その気になればどこまでも節約はできると思いますが、ストレスを感じたりするとそれはそれでよくないと思いますので、その辺はご主人様と話し合いの上徐々に節約をしていくと良いのではないでしょうか。お金が貯まると楽しいですよ 。

回答2

お二人ともまだまだ若いので、これから節約すればどんどんお金は溜まっていくと思います。特にお子様が大きくなって、奥様が働けるようになるとそのペースは早くなると思います。私のところは、夫婦40代なのにも関わらず、貯金が100万しかありません。こんなに歳なのにとても恥ずかしいです。うちと比べたらまだまだ全然序の口です。頑張ってください。

回答3

まだまだ全然大丈夫だと思います。400万の収入なので、そこまで落胆しないでいいと思います。ただ節約するのであれば、光熱費と携帯代をかなり削ることができると思います。この二つは少し考えるだけで、あまり無理をせずとも削れるので、まずは実行してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加