『育休中ですが生活が苦しいです』私は子供が生まれたので、現在は育児休暇を取得しています。




私は子供が生まれたので、現在は育児休暇を取得しています。子供は、6ヶ月になります。主人と私と3人で暮らしています。自分が貯金していたお金が、生活費として消えて行くことに不安があります。私のやりくりがうまくできていないせいかもしれませんが、必ず毎月1万円から2万円足りません。このままではと思い色々と家計簿を見直してみましたが、冠婚葬祭や友人との交際費や子供服や家電の修理代などに使っています。主人の給与は20万円ちょっとです。その中から家賃、生活費、食費、光熱費、車のローン、保険代、そして小遣いを出すと、全く貯金ができていません。仕方がないので、私が結婚する前までに貯めていた貯金を切り崩し、スマホ代、市民税や生命保険料などを支払っています。自分のお小遣いは3000円しかありません。美容院に行く月だけ、1万円使用しています。そのことを主人に話すと、今は我慢してほしいと言います。私は仕事を来年からするつもりですが、それまでは全く貯金ができない状況なのでとても不安です。年末になると、年賀状の準備やお正月の準備、そしてお歳暮などこれらは全て私からの貯金の出費となります。自分の貯金があてにされていると思うと、どうしてもイライラしてしまいます。一層のこと自由に使ってしまおうかと思うのですが、将来のことを考えるとそうもできず、イライラが募るばかりです。主人の給料が少ないことやそのことを理解して結婚しているので仕方がないとはわかっていても、主人はタバコを吸ったりしているのでどうしても主人の行動にイライラしてしまう自分がいます。お金の事ばかりを考えている自分がとても嫌になってしまいます。私のやりくりが下手すぎるのでしょうか。今の段階では貯金を切り崩すのは仕方がないことなのでしょうか。思うままに書いてしまったので、支離滅裂になりましたが、皆さんのご意見をお聞かせください。どうぞよろしくお願いします。

回答1

私の家庭ととても似ています。私の旦那の給料は、20万円弱で、私が旦那からもらうお金は5万円だけです。その他のお金の管理は、旦那がしています。私の家庭も毎月二万から三万赤字です。赤字は、私の貯金を削ってしのいでいる状況です。貯金はいざという時のためのものですが、今がいざという時だと思い仕方なく貯金を削っています。とりあえず、諦めて子供がもう少し大きくなってから私も働くようにすればそのうち貯金も増えるかなというふうに考えています。それでも、貯金の残高などはあまり旦那に話さない方がいいと思います。なぜなら、あてにされると困りますからね。今は貯金が減っていくことをとても不安に思う気持ちがあると思いますが、貯金が減るというよりは、大切な子供のために貯金を使っているという風に考えるようにしたらどうでしょうか。

回答2

質問者様の気持ちとてもよくわかります。私の家庭も同じようなものです。スマホ代、保険代は自分の貯金から支払っています。年間で考えるとボーナスがあるのでかろうじてプラスになりますが、月々の支払いは完全にマイナスになっています。希望が持てないので、主人の今後の昇給を期待するしかありません。私の主人もすぐに何か買おうと提案してくるので、いつも赤字の家計をやりくりしている私は、主人の言葉にイライラしてしまいます。今の状況で買えると思うのかと怒るのも面倒くさくなってしまいました。私も貯金をしたいと思っていますので、もう少ししたら働こうと思っています。貯金を崩すって、相当ストレス感じますよね。ちなみに、私の家庭では、食費と雑貨、子供のためのお金や日用品で6万円ほどでやりくりしています。それでも、何か少しイレギュラーな出費があったりすると超えてしまったりして大赤字になってしまいますので、毎月コツコツやりくりしています。お互い大変だと思いますが、それなりに頑張っていきましょう。この先きっといいことがあると思いますよ 。

回答3

あなたは、やりくりが下手だとは全く思いませんよ。そのお給料で、月に1万しか赤字を出していないことがとても素晴らしいと私は思います。そもそも、あなたは仕事を休むまでは家にいくら入れていたのでしょうか。今は働いていないので、もしお金を入れていたのであれば、そのぶんが不足してしまうのは仕方のないことだと思います。出産手当金は給与の2/3もらえるはずなので、それである程度はまかなえているのではないでしょうか。育児休暇の時も、給料の半分の額が2ヶ月に一回入ると思いますので、この入金額を自分の貯金と考えたらいいのではないでしょうか。私の場合は、共働きなので主人と生活費は全部折半しています。そして、出産手当金や給付金も、生活費の足しにしてきました。要はあなたの考え方ひとつだと思います。今は少し仕方がないかもしれませんが、もう少ししたら、あなたも働こうと思えば働けるので、そこまで悲観することはないと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加