産休中、育休中の生活費を夫が現金で渡してくれません。





現在、30代半ばの夫婦で、生後2か月の赤ちゃんがいます。

産休中、育休中の生活費を夫が現金で渡してくれません。

結婚をして6年間ずっと共働きをしており、夫の年収は600万円、私の年収は450万円です。

財布は別々にしており、これまで食費や日用品費は私が支払い、夫には月4万円を渡して、子供用の口座に貯金し、家賃、光熱費等はすべて夫が支払いをしています。

今年の6月から産休、育休に入り、私は無給となりましたが、夫に何度も生活費を請求してみても渡してくれないため、これまでと同じように、食費、生活費は私が自分の貯金から切り崩しています。

夫はもともとケチな性格で、自分の趣味には財布のひもがゆるいタイプなので、 ベビーカー等の大きな買い物や、どうしても必要なものがあれば、夫が購入してきて「現物支給」してくれます。

当初、私が無給の期間は、生活費とお小遣いを現金で渡すという話になっていたのですが、何かと出費が予想以上に重なったため、どうやら途中で夫の考えが変わったらしく、これまでの私の貯金と、これから支給される育休手当で生活費をまかなって欲しいようです。

私も毎回のように生活費を請求しても無視されることにウンザリして、自分のプライドもあるので、今は何も言わず、自分の貯金を切り崩してでも食費等を支払っているのです。

最近になり、ストレスからか胃痛に悩まされて通院するようになってしまいました。

私の場合のように、生活費を渡されずに産休や育休を過ごした方はいらっしゃいますか?

ご意見を頂けると助かります。

回答1

私も、育児休業中も今になっても、生活費を渡されていません。

何度夫に言ったっところで「え?」と言うだけです。

夫が支払っているのは、家賃とNHK料金、ほとんど使っていない電話代だけ。

私が支払っているのは、水道光熱費と食費、雑費です。

子どものための貯金も渡してくれません。

夫の扶養に入れたとしても、扶養手当も渡してくれず、扶養は私に入れ替えました。

自分の貯金が崩れていくだけなので、育児休暇を切り上げて、仕事に復帰しました。

そして夫に仕返しをしました。

私は育児を盾に、朝起きないことに。

そして朝食は、食費をもらえないのだから、パンを置いておくだけです。

お弁当はなしです。自費で購入してもらいます。

夫はアテにせず、自分の給料明細とにらめっこをして、自分や子どもの貯金をしています。

子どもが大人になったら、ふたりで旅行をするつもりです。

「あんなこともしてくれない」「こんなこともしてくれない」と思えば思うほど、自分が苛立つだけですし、「家賃だけでも出してくれるだけ感謝しよう、家賃しか出せないような男を選んだのは自分だ」と思って、ふたりの生活を私の収入だけで考えています。

その代わりですが、夫には一切、一円も投資しないですけどね。(笑)

回答2

我が家も全く同じでしたよ。

私は一年間の育休期間でしたが、貯金と手当だけでなんとか乗り切って、貯金はほぼなくなりました。なので、育休明けで戻ってきたお金は、そのまま私の貯金にしましたよ。

旦那は趣味で好きに出かけて、私はストレスが溜まってばかりの生活。

育休中は、お金がないので自分は何もできなかったし、何度も喧嘩しましたが、男は自分が一番なので、なかなか理解できない感じでした。

でも、旦那に散々毎日の大変さをアピールして、ご褒美がほしいとおねだりしてみたら、子供の1歳の誕生日のときに、1年間お疲れさまという意味で、好きに買い物してきたらとカードを貸してもらって、好きなように買い物をさせてもらいました。

私の場合、毎月お金を請求するのは無駄だったみたいなので、この方法を使ってみてはいかがでしょう?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加