お金の不安が常にある、妊娠9ヶ月の妊婦です。

お金の不安が常にある、妊娠9ヶ月の妊婦です。

旦那ひとりの収入になってから、毎月貯金できる額が急激に減りました。

借金やローンはなく、旦那だけの給料でも貯金は少しでも出来るくらいの余裕はあります。

私が働いてた時は、結構お金を使っていても、かなりの額を貯金できていました。

旦那の会社は業績が安定していて、毎年必ず昇給があったり、臨時ボーナスまで出たりしますが、これから子供が産まれて、この貯金額でやっていけるのか、不安です。

退職金はないらしく、それもまた不安要素のひとつです。

私にも看護師や薬剤師など、手に職があれば、こんな不安もないのかもしれません。

いつでも家計を助けられるように、看護師学校に行こうかなども検討してしまうレベルです。

家族と暮らす、マイホームも欲しいです。

私がもっと旦那くらい稼げたらと本当に思うほどです。このご時世だから、不安です。

皆さんは、お金の不安、ありませんか?

どうやって解決しているのでしょうか?

回答1

稼げるときに稼ぎ、貯められるときに貯めてしまうこと、それしかないですね。

しかし、そうできないときは焦らずに割り切って考えてしますことです。

現在、あなたは妊娠9ヶ月ということですので、どう頑張ったとしても稼げない状態です。

旦那さまの収入だけであれば、共働きの頃に比べたら貯金が急激に減るのは当たり前のこと。

だから、不安に思っていても仕方がないことで、今できることは体調を整えて無事に出産して、できることなら、産後も元気に元の生活に戻れるように準備しておきましょう。

不安がらずに、やりたい仕事や保育所事情など、資格講座の情報も調べられたらいいと思います。

資格はあるに越したことはないですが、お金になる資格ほど取得することは難しいです。

看護師や薬剤師については、たとえ1年頑張ったところで取得できません。

しかし、資格がないと働けないなどと、いきなり思い込まず、今できることから実際に取り掛かってみることが一番大切なことだと思いますよ。

私の友人は「週に何日かの気軽なパート」のつもりで、今はないですが、ヘルパー3級の資格を取得し、介護施設へ勤務している間に正社員になり、ケアマネージャーの資格も取得、今は新しく立ち上げる介護施設の準備をしていて、管理職のポジションも打診されているらしいです。

つまり、やる気と能力、努力があれば道は開けるでしょう。

逆に言うと、これがなければいくら資格があったとしても意味がないです。

動けないときこそ、前向きに考えて不安にならないこと。

動けるときには、できることからまず行動していくこと。

そうすれば、お金はそれなりにまわっていきます。

回答2

私は、お金の不安がある間は結婚しません。

愛情なんて錯覚で、そんな幻を追うよりも現実の足元を見た方が良いでしょう。

それに、自分が未熟者だと思っている間は、お相手にも失礼なことですから婚姻は結びませんが、その間にお互い働いていれば蓄財も増えていくと思います。

私の彼は、家のローンをかなり払い込んだらしく、自分は別に家を求めようかと考えています。

既にこの時点で意見の相違がありますが、彼のために働いてきたのではないので、かまわないです。

とりあえず、これからの計画を立ててからでなければ、不安は相当色濃く出てくるのではないでしょうか。

しかし、私のように愛情に翻弄されず、一生を添い遂げられる人を見つけられたあなたは、それだけでも先を見通す目があったと思いますから、お相手の方に全面的に委ねればいいでしょう。

男は頼られてナンボですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加